*


「 悩み苦しい時に読む名言 」 一覧

自分の事を認めてくれない時に「人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患う」

「人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患う」 この名言は論語に収められている言葉です。 読み方は 「ひとのおのれをしらざるをうれえず、ひとをしらざる をうれう」と読みます。 この言

続きを見る

嫌いな人がいる時に「忌めば則ち怨み多し」

「忌めば則ち怨み多し」 この言葉は左伝という書物の収められています。 「いめばすなわちうらみおおし」と読みますが この言葉に似た明言は他にもあると思います。 「自分が嫌えば相手も嫌う」人間

続きを見る

人知れず自分を見直したい時に「陰徳ある者は必ず陽報あり」

「陰徳ある者は必ず陽報あり」 この名言は淮南子に収められている言葉です。 「いんとくあるものはかならずようほうあり」と 読みます。 陰徳はあまり表立った善行ではなく、どちらかと言うと こ

続きを見る

自分が貧乏だと思った時に「窮もまた楽しみ、通もまた楽しむ」

「窮もまた楽しみ、通もまた楽しむ」 この言葉は荘子に収められています。 読み方は 「きゅうもまたたのしみ、つうもまたたのしむ」 窮は窮すると解釈し通は物事がうまういっている様 で解釈

続きを見る

友情を分かち合いたい時に「二人心を同じうすれば、その利、金を断つ。同心の言はその臭り蘭の如し」

「二人心を同じうすれば、その利、金を断つ。同心の言はその臭り蘭の如し」 断金の交わりという言葉を耳にした事があると思います。 この名言から生まれた言葉で易経に収められています。 「ににんここ

続きを見る

失敗せずに事に当たりたい時に「備えを以って時を待ち、時を以って事を興す」

「備えを以って時を待ち、時を以って事を興す」 この言葉は管子に収められている名言です。 「そなえをもってときをまち、ときをもってことをおこす」 と読みます。 この名言で言われている

続きを見る

何かを成功させたい時に「患いは忽せにする所より生じ、禍は細微より起こる」

「患いは忽せにする所より生じ、禍は細微より起こる」 というは説苑に収められている言葉で私も含めて人間の 原理を説いた名言だと思います。 「わずらいはゆるがせにするところよりしょうじわざわ

続きを見る

ライバルに勝ちたい時に「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず」

「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず」 有名すぎて取り上げるのも何ではありますが、 知らない方もいるかもしれませんので挙げてみました。 これは有名な孫子の兵法に出てくる名言です。

続きを見る

意気を上げたい時に「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」

「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」 これは中学生時代の教科書に出てきたくらい有名な語句 で後漢書という書物の収められています。 班超という人物が他国との交渉で出国していた際に 発し

続きを見る

人から信用を得たいと思う時に「綸言、汗の如し」

綸言、汗の如し 非常に短く、意味も解りにくい名言です。 あまり馴染みのない宋名臣言行録という書物に収められている言葉です。 「りんげん、あせのごとし」 解釈は汗は流れてしまった

続きを見る

がんばりたいと思った時に「飽食終日、心を用うる所なきは、難きかな、博奕なるものあらずや、これをなすなお己むに賢れり」

飽食終日、心を用うる所なきは、難きかな、 博奕なるものあらずや、これをなすなお己むに賢れり この名言は孔子の言葉である。 読み方は 「ほうしょくしゅうじつ、こころをもちうるところ  なき

続きを見る

何やってもうまくいかなくて嫌な時に「天下、意の如くならざるもの、恒に十に七、八に居る」

天下、意の如くならざるもの、恒に十に七、八に居る この名言は晋書という書物に収められている言葉です。 読み方は 「てんか、いのごとくならざるもの、つねにじゅうにしち、はち におる」

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

bd8b2309a442ce9620a14e960a70f636_s
力を合わせたいと説得したい時に「衆心は城をなし、衆口は金を鑠かす」

「衆心は城をなし、衆口は金を鑠かす」 この名言は有名ですが国語という

4668414667_b882093192_m
自分の事を認めてくれない時に「人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患う」

「人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患う」 この名言は論語に収

4afac6e5d8634be7b153c697d71e55a2_s
成功したいと願う時に「蹞歩を積まざれば、以って千里に至るなし」

「蹞歩を積まざれば、以って千里に至るなし」 この名言は荀子に収められ

38bc91ca1c9ba45136b4156556d94b33_s
嫌いな人がいる時に「忌めば則ち怨み多し」

「忌めば則ち怨み多し」 この言葉は左伝という書物の収められています。

38bc91ca1c9ba45136b4156556d94b33_s
自己向上する為に「学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆うし」

「学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆うし」 この名言は

→もっと見る

PAGE TOP ↑